東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経MJ 2006/6/26 気になる記事
島屋、屋上で「夏越の大祓い」
島屋東京店では、6月28日から7月4日まで日枝神社(港区)の協力により、買い物客が夏の伝統行事を体験する場を設けるということです。
屋上に神社があるデパートは多いと思われますが、このような形での活用は珍しいですね。

・バナナリパブリック、カジュアル路線明確に
ギャップのアッパーブランド、バナナリパブリックの日本での店舗は、秋からカジュアル中心の品揃えに転換するそうです。
私はコレド日本橋の店しか見たことがないのですが、今のフルライン構成は、昔のブランドのイメージとかけ離れていてとまどった覚えがあります。
路線変更で今後の積極出店につなげるようです。

・時代屋グループ(新発想で勝負)
中古書店のブックマートグループの展開する「歴史時代書房 時代屋」(神田小川町)の記事。「歴史のセレクトショップ」として歴史好きの集まる場を目指しているそうです。ヴィレッジヴァンガードのように雑貨の割合を高め粗利確保しているようですが、歴史小説というのは回転がいいそうです。
秋には大阪出店の計画とのこと。


*WEB上の気になる情報はニフティクリップβに登録しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1年後レビュー
バナリパはアウトレットも含めて21店舗まで伸ばしてきました。
2007/07/06(金) 20:06:26 | URL | secretsheep #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。