東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニストップの新発注システム
(日経MJ2007/9/26の記事より)
ミニストップは2008年秋より、順次新しい店舗発注システムを導入、5種類の立地別に売れ筋がわかるようにして必要発注量が自動表示する仕組みにより競争力を高めるとのこと。

立地は「住宅街」「オフィス街」「駅前」「道路沿い」「特殊立地」の5分類。最新の売れ筋がわかり発注を支援してくれるようです。
また、ミニストップの特徴は店内調理のFFですが、メニューの販売予定数量から原材料の発注数量に落とし込む仕組みも新システムに取り入れられ、廃棄ロスや不足により売り逃しを減らせるとのこと。
従業員の発注時間も大幅に削減できるようです。

このところ業績好調と聞くミニストップ、この新システムでさらに弾みをつけたいところですね。また、イオングループでありながらいまひとつぱっとしないところがありましたが、コンビニ再編の波がきたときには、主役となるのではないかという気がいたします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。