東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイチ・ツー・オーリテイリングの方針
(日経MJ2007/10/3の記事より)
阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合したエイチ・ツー・オーリテイリングは情報システムなど後方部門の統合を1年後の2008年10月までに完了させる計画とのこと。

10月1日に発足した同社は、ファッションに強い阪急、庶民派の阪神というカラーは維持したまま、後方部門の合理化で利益拡大を目指すようです。
商品・顧客情報システムは阪急のものに統一する一方、人事制度は統合しないようですが、たった1年でどこまで効果のある統合ができるのか注目したいです。

また、伊勢丹と提携関係にある阪急に、梅田への三越進出がどういう影響をおよぼすのか気になるところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。