FC2ブログ
東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年百貨店調査
(日経MJ2007/8/15の記事より)
2006年度の百貨店店舗別の売上高ランキングは

1位 三越 日本橋本店 2784億円
2位 伊勢丹 新宿本店 2570億円
3位 高島屋 横浜店 1729億円
4位 西武 池袋本店 1723億円
5位 阪急 梅田本店 1706億円

ということで、前年度とは3位と5位が入れ替わっています。

ただし単純な比較はできません。
「表の見方」によりますと、

1位の三越は、恵比寿、吉祥寺(2006年5月に閉店しましたが)、多摩センター、その他の小型店が含まれています。
3位の高島屋も港南台店が含まれています。
4位の西武には全店の法人外商の売上高が含まれています。
5位の阪急はイングス館が含まれています。


三越と伊勢丹の経営統合は1位と2位の合体ですからスケールの大きさがわかります。
ちなみにJ.フロントリテイリングの方は、松坂屋本店が8位(1400億円)、大丸は神戸が16位(1008億円)で心斎橋が20位(870億円)です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。