東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポロロッカ
新聞でちょっと前にマルエツが「ポロロッカ」をすべて「マルエツ」に看板替えするというニュースを読んだ気がするのですが、今ネットで検索してもでてこないしマルエツのホームページにもでてこないので、自分の勘違いだったのかと悩んでいるこのごろです。会社のそばのポロロッカはまだ健在です。

「ポロロッカ」というのは大手スーパーで唯一コンビニを手がけなかったニチイ(マイカル)が90年代に開発した都心型小型食品スーパーです。小林敏峯社長の、これまでのように売り手(川上)の都合で店を作るのではなく、消費者(川下)のニーズや欲望が逆流してくるこれから時代にあわせた店をこれからは作らなければならないという思いのもとに展開したお店だったと思います(ちょっと記憶があいまいですが)。
まったくその理念は正しくて、今、テスコやイオン(まいばすけっと)が同様のお店を広げています。
この名前が消えていくのは(それが本当なら)残念ですが、倒産したマイカルにも認められるべき戦略があったということは覚えておきたいです。
郊外型大型モールもマイカル本牧が日本ではその嚆矢だと思いますし、その後続々できたマイカルタウンは結果こそ伴いませんでしたがIYやイオンより進んでいましたよね。シネコンだって海老根のワーナーマイカルが日本初ですが、今や映画館といえばシネコンという状況です。

今の流通・小売の状況をみて、マイカルが再評価されても良いのでは思ったりしますが、経営としてきちんと会社を成り立たせることができなかったのですからしょうがないですね。
スポンサーサイト
倒産ラッシュに思う
ちょっと前に鞄メーカーの松崎の経営破たんのニュースがあり、続けて東京ブラウスも同様ということでちょっとしんみりしてしまいました。
両社とも私がかけだし社会人のころに関わったメーカーで、両社の商品をあわせたコーナーを担当していたのです。
特に東京ブラウスさんには接客の研修をしていただいて、けちょんけちょんにやられたものの、その時に講師の方に言っていただいた言葉がその後の仕事への原動力になったりして、思い出深いメーカーだったので本当に残念です。

また、オリゾンティの民事再生法申請のニュースも入ってきました。
90年代中ごろは人気インポートブランドをかかえて飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、自社ブランドを出した辺りから迷走しだした感じですね。千駄ヶ谷のオフィスにも何度か伺わせていただきました。

今はまったく異なる業界に身をおく私ですが、こういうニュースで昔を思い出すのも寂しいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。