東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経MJ 2007/1/31 気になる記事
・バルス、銀座に旗艦店
「フランフラン」のバルスは高級業態「バルストウキョウ」の旗艦店を、銀座に新規開業する商業ビルの4・5階にオープンさせます(4月19日)。

・新幹線販売員、徳渕真利子氏の記事(匠ファイル)
300人近くいる東海道新幹線のパーサー(販売員)でトップの売り上げを誇る徳渕氏の販売術の一端がうかがえます。
スポンサーサイト
日経MJ 2007/1/29 気になる記事
・伊藤忠食品、外食に本格進出
4月からタコスのチェーンを展開、福岡県「ゆめタウン筑紫野」ではケーキ店の運営を実験的に始めたということです。
タコス店は港区内に1号店を開く予定で路面店で消費者の認知度をあげてからSCへの出店を増やし、2009年9月期までに40店、売上高30億円を目指すそうです。

・ロフト、小型店出店
2月の丸ビルからはじめる小型業態では、健康雑貨と文房具を中心にした品揃えで、2007年度中に5店舗を出店するとのこと。
次は立川ルミネにオープン予定。
ライバルの東急ハンズも丸の内オワゾとかららぽーと豊洲とか、小型業態が出てきています。
日経MJ 2007/1/19 気になる記事
・ミニストップ、プレスサンド好調
2006年3月から「チャパッタ」というイタリアの田舎風パンを使っているそうですが、19日からはバジルを練りこんだパンを使った新商品も発売になります。

・シップス、レディース強化
3月に銀座にレディースの路面店を開くなど、売上高に占めるレディースの割合を現在の4割から5割に引き上げる計画とのこと。ユナイテッドアローズやベイクルーズに差をつけられている現状は、レディースの弱さに原因があるようです。
日経MJ 2007/1/17 気になる記事
・青山商事、郊外SC向け新型店展開
「プラスエー・ザ・スーツ・アオヤマ」という店名。紳士スーツは2プライス、婦人服の割合を30%として、家族で来店しやすい店にするそうです。

・ゼイヴェル、若い主婦向けの携帯SNS
キムラタンと共同出資で新会社ママメディアを2月1日に設立して、出産や育児に関する情報交換を促し、衣料品の販売促進につなげる考えのようです。
日経MJ 2007/1/12 気になる記事
・イトーヨーカドー、ネットスーパー事業で新組織
現在9店舗で実験的に行っているネットスーパー事業を、2008年2月末までに80店舗に広げる方針とのことで、3月1日付で新組織IT事業プロジェクトを設けるそうです。

・三越、小型店を閉鎖へ地方都市などで贈答品などを主に扱っていた6つの小型店(長野、秦野、栃木、昭島、飯能、狭山)を28日までに閉鎖するそうです。
バブル期にこうした小型店を拡大しましたが、インターネット通販の普及などもあり、好転が見込めないとの判断のようです。

日経MJ 2007/1/10 気になる記事
・ラーメンオールスターズの展開
数ヶ月ごとに別の看板のラーメン店に変えていくシステムでFC展開を行い、2012年には300店を目指すとのこと。
地方の人気店11店がレシピを提供するかわりにロイヤリティを受け取り、店側は新店効果を持続させることができるという仕組み。
日経MJ 2007/1/1 気になる記事
・亥年の流行
お正月ということで、ニュース記事はない紙面でしたが、最終面の過去のイノシシ年を振り返る記事が面白かったです。
前のイノシシ年は、エヴァンゲリオン放映、ウィンドウズ95発売ということでもう12年も前のことなんですね。GAPの1号店ができたのもスタバの日本法人ができたのもこの年でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。