東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小田急電鉄、ICタグで制服管理
(日経MJ2007/8/6の記事「拝見IT活用法」より)
インターネットオークションでの制服の出品を未然に防ぐ狙いも含め、小田急電鉄は昨年10月にICタグによる制服管理システムを導入したそうです。

昨年10月に約3000人の従業員が着用する制服を一新するにあたり、日立製作所のミューチップに情報を書き込み、データベース管理した上で個人に貸与する仕組みにしたものです。

ICタグは樹脂で覆ったうえで縫い付けてあり、どこに取り付けてあるかはバラバラにしない限りわからないそうです。

ネットへの流出防止だけでなく、風で飛ばされた制帽の持ち主確認や在庫確認にも役に立ち、同業他社からの視察も多いとのこと。

鉄道業界だけでなく、フードビジネスや百貨店など、制服を着用させている他業界でも活用できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。