東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「コンビニ・これって民藝?」展と講演
三鷹にある国際基督教大学の施設、博物館湯浅八郎記念館で2013年7月5日まで開催中の「コンビニ・これって民藝?」展に行ってきました。

まずはプロローグ的に、いかにも民藝という感じのする昔の商店で使われていた道具類が展示してあり、これはこれで興味深いところ。
その奥が現代のコンビニにまつわる品々が並べられているスペース。
アメリカからやってきたコンビニエンスストアが、日本に根付き、独自の発展をとげているのがわかるような流れ。
ユニフォームやPOSレジ、レジ袋、店内什器など、普段見ているものもこのように並べられると本当に民藝品のように見えるから不思議。というか、そもそもの民藝のコンセプトと同じように、日常の業務を通して形のできあがった道具類に、洗練された機能的な美しさが備わってくるのは当然と言うべきかしら。

この日、2時からは今回の企画展の推進者であるICU准教授ギャビン・ホワイトロウ先生の講演。
ホワイトロウ氏はアメリカ、マサチューセッツ州出身で、元はソビエト学を専攻してモスクワにも留学していたけれど、ソビエト崩壊のあおりで文化人類学に転じたとのこと。
日本に来て山形県松山町で英語の先生をしていたときにコンビニと出会い、実際に働いたりしながら研究を進められたようです。

ご自身の体験を交え、ユーモアたっぷりに日本語で話してくれた内容は、とても示唆に富むものでした。
知識として知っているアメリカのコンビニの起源も、アメリカ人の先生から聞くとリアルに感じますし、昔の商店で使われていた道具などと、現在のコンビニに備えられているものの類似をトピックスとしてつなげる話の構成で、2階の展示の意味がよくわかりました。

ただ、「ノレン」のパートで、今もコンビニ店頭の横長のバナーがノレンと呼ばれているという展開になるのかと思っていたら、「のれん分け」というシステムの話になったところは、どうなのかな?と思いました。
今の日本のチェーン店で「のれん分け」といったら、ココイチや一部のラーメン屋のように、共同体的なつながりを一定期間継続したうえで行われる、多分に情緒的なものを含んだ仕組みを指すと思いますが、コンビニのフランチャイズシステムのようなビジネスライクな契約を「のれん分け」というのは、広義ではそうなのでしょうが、ちょっとしっくりきませんね。個人の感想ですが。

質疑応答ではファミレスとの比較をおっしゃった方がいらして、今柊二 「ファミリーレストラン 「外食」の近現代史」 (光文社新書)という本を先日読んだところだったので、なるほどこのアナロジーは面白いなと思いました。

「なんちゅうか」が口癖で、びっくりするくらい流暢な日本語を話されるホワイトロウ氏。著書の準備も進んでいるとのことで、今後のご活躍に期待したいです。


このようにコンビニをテーマにした展覧会というのもめったに開かれないでしょうから、興味のある方はぜひ行ってみることをお勧めいたします(無料ですし)。ローソンさんが協力しているようです。
スポンサーサイト
セブンイレブン、弁当ラップをテープに
(日経MJ2007/10/14の記事より)
セブンイレブンは、11月より弁当の包装をラップではなく、テープで止める方式にし、ごみの排出量を減らすとともに消費者の利便性向上を図るようです。

フタと容器のかみ合わせを工夫し、密閉性を保てるようになっているとのことで、見た目も良いようです。
これにより年間570トンのプラスチック原料を削減でき、数億円規模のコストダウンにもなるとのこと。

食品スーパーでは容器のかみあわせのみで密閉している惣菜などを買うことはよくありますが、流通経路も長いコンビニでラップなしだとちょっと不安な気もします。とはいえ、ごみが減るのは歓迎されるべきこと。
他のコンビニがどういう対応をとってくるのか楽しみです。
ミストカフェ茗荷谷店訪問
数ヶ月前、タクシーで茗荷谷を通ったときに、ミニストップが「ミストカフェ」になっているのに気がつきました。

「ミストカフェ」はカフェ+コンビニといった感じの業態で、去年の暮れに八重洲に店舗ができた時は話題になりましたが、その後まったく情報がありませんでした。
そんな中、唐突に見かけたこの店が気になっていたのですが、ようやく訪問することができました。

元の店舗の半分を半分強を客席、残りをゴンドラとカウンターにしたような配分でしょうか。
金曜日の午前8時に私が行ったとき、先客は中年のサラリーマン1人だけでしたが、私が座ってからは断続的にお客さんが入ってきました。

カウンターで注文できるのはドリンクとお得意のソフトクリームだけで、フード類はコンビニの商品となります。
カウンターがちょっと高めでドリンクを注文する分にはいいのですが、コンビニ商品を買う場合にはちょっと使いにくい感じです。

茗荷谷は住宅地としても人口が多いというイメージなのですが、営業時間は夜10時までで日曜祝日が休みですので、勤め人がターゲットということのようです。近所に学校が多いので、ひょっとしたら夕方はソフトクリームを食べにくる女子とかでにぎわうのでしょうか?

内装・テーブルはウッディ調で、サークルKサンクスのフォークトークや、スリーエフのグーツより、カフェっぽくて落ち着いた感じで好感がもてました。

ホームページにものってなくて、まったく宣伝活動のないミストカフェですが、今どこに何店舗あるのか気になります。イオン/ミニストップは今後どういう展開をさせていくのかウオッチしていきたいと思います。
ミニストップの新発注システム
(日経MJ2007/9/26の記事より)
ミニストップは2008年秋より、順次新しい店舗発注システムを導入、5種類の立地別に売れ筋がわかるようにして必要発注量が自動表示する仕組みにより競争力を高めるとのこと。

立地は「住宅街」「オフィス街」「駅前」「道路沿い」「特殊立地」の5分類。最新の売れ筋がわかり発注を支援してくれるようです。
また、ミニストップの特徴は店内調理のFFですが、メニューの販売予定数量から原材料の発注数量に落とし込む仕組みも新システムに取り入れられ、廃棄ロスや不足により売り逃しを減らせるとのこと。
従業員の発注時間も大幅に削減できるようです。

このところ業績好調と聞くミニストップ、この新システムでさらに弾みをつけたいところですね。また、イオングループでありながらいまひとつぱっとしないところがありましたが、コンビニ再編の波がきたときには、主役となるのではないかという気がいたします。

セブンイレブン、大学構内への出店拡大
(日経MJ2007/9/21の記事より)
セブンーイレブン・ジャパンは大学構内への出店を進め、今後2年間で約0店舗を出すとのこと。

これまである大学内の4店舗に加え、この秋、学習院大学、上智大学内に出店しますが、文房具などで大学名を入れた商品を出すなどの工夫があるようです。
両大学はキャンパス人口が1万数千人ということで、1日の営業時間を15時間程度にしても、十分な日商が稼げるようです。

コンビニ各社、病院、役所など閉鎖的な特殊立地の開発にしのぎを削っていますが、どこかあっと言わせるようなユニークな立地はもうないのでしょうか…。
スリーエフ、チルド弁当強化
(日経MJ2007/9/7の記事より)
スリーエフはチルド弁当の新シリーズ「おとなのご馳走」を継続的に投入し品揃えを強化するとのこと。

トレンドともなっているコンビニのチルド弁当ですが、スリーエフでは2002年から販売しているということです。
am/pm、「エーピー・エンタ」出店加速と「フードスタイル」撤退
(日経MJ2007/8/29の記事より)
am/pmはDVDレンタルや書籍販売との複合店「エーピー・エンタ」の出店を来期から加速するとのこと。2008年6月までに約50店に増やし同業他社との差別化につなげるようです。

エーピー・エンタは、現在首都圏に6店舗あり、私は中目黒のお店を一度見に行ったことがあるだけなのですが、コンパクトに売れ筋がそろっていて短時間でのレンタルが可能、ファーストフードもそろっていて、もちろんコンビニとしても機能も揃えているということで、なかなか面白いスタイルだと思っていました。

記事にはもうひとつ大きなニュースがあり(こちらのほうがビッグニュースだと思うのですが…)、生鮮コンビニの「フードスタイル」を首都圏では8月末までに全店閉鎖するとのことです(広島だけ継続)。

また、am/pmは虎ノ門に出していた女性向けコンビニの「ハピリィ」も閉店しています。
ココストアもやはり女性向けコンビニのはしりである「エスココ」を7月末で閉店させていますし、コンビニ新業態もそろそろ成否がわかってきて絞込みの段階になってきたということでしょうか。

女性向けのようにターゲットをいきなり消費者の半分にするような業態は、やはりコンビニには無理があるのではないでしょうか。
そういう意味で、エーピー・エンタは、ちょっと若者向けに偏りすぎているかなという印象でちょっと心配なのですが、どうでしょうか。

ファミリーマートのマイバッグ
(日経MJ2007/8/27の記事より)
ファミリーマートは9月25日から良品計画と共同開発したいわゆるマイバッグを250円で販売し、レジ袋削減につなげる計画のようです。

ファミリーマートのニュースリリース
良品計画のニュースリリース

このレジ袋は綿100%で1サイズだけのようです。良品計画のニュースリリースによると無印良品の店舗でも販売し、ハンコで名前等を入れることもできるようです。

弁当も入るとのことですが、ちゃんと水平に置けるのでしょうか。発売されたら買ってみて試してみたいと思います。
コンビニの食品リサイクル取組状況
(日経MJ2007/8/22の記事より)
6月に改正され年内にも施行される改正食品リサイクル法に対応するため、コンビニチェーンの取り組みが加速しているようです。

セブン-イレブン:
9月に提携しているアグリガイアシステムの飼料化工場(佐倉市)が本格稼動、東京23区の1000店舗の食品廃棄物を飼料化し、食品リサイクル率を14%から20%に引き上げる。

ローソン:
現在リサイクル業者6社と組み900店舗で実施しているリサイクルを拡大し、リサイクル率を18.2%から25%に引き上げる。

ファミリーマート:
伊藤忠商事と組んで食品廃棄物を液化飼料にする実験の検証中。秋までに本格的に取り組み、リサイクル率25%を目指す。

ミニストップ:
廃棄食品から生成した飼料で育てた豚や鶏の肉を弁当に使用することで自社内での循環作りを進める。


以上のような各チェーンの取り組みがあるようです。

現在、食品廃棄物の回収には自治体ごとの廃棄物回収の許可が必要ですが、法改正により自社内循環ができれば許可が不要になるとのことで、そうなると広いエリアでの回収物流の仕組みが低コストで実現できる可能性があります。

食品廃棄というとコンビニが悪者のように扱われがちですが、ホテルの宴会やブッフェレストランなどからでる廃棄物だって相当な量があるはずです(単純な比較はできないでしょうが…)。そういった業者のリサイクル率はどうなっているのでしょうか?





ファミリーマートの「おもてなし」
ITpro Enterpriseにファミリーマートの記事がありました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060605/239928/

ブランドイメージをホスピタリティに求める姿勢が書かれています。
ミニストップの新発注システム
(日経MJ2007/9/26の記事より)
ミニストップは2008年秋より、順次新しい店舗発注システムを導入、5種類の立地別に売れ筋がわかるようにして必要発注量が自動表示する仕組みにより競争力を高めるとのこと。

立地は「住宅街」「オフィス街」「駅前」「道路沿い」「特殊立地」の5分類。最新の売れ筋がわかり発注を支援してくれるようです。
また、ミニストップの特徴は店内調理のFFですが、メニューの販売予定数量から原材料の発注数量に落とし込む仕組みも新システムに取り入れられ、廃棄ロスや不足により売り逃しを減らせるとのこと。
従業員の発注時間も大幅に削減できるようです。

このところ業績好調と聞くミニストップ、この新システムでさらに弾みをつけたいところですね。また、イオングループでありながらいまひとつぱっとしないところがありましたが、コンビニ再編の波がきたときには、主役となるのではないかという気がいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。