東京で入手できる流通・小売についての情報を中心とした個人的メモ。ファッションビジネス、フードビジネスが主たる興味の対象です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「コンビニ・これって民藝?」展と講演
三鷹にある国際基督教大学の施設、博物館湯浅八郎記念館で2013年7月5日まで開催中の「コンビニ・これって民藝?」展に行ってきました。

まずはプロローグ的に、いかにも民藝という感じのする昔の商店で使われていた道具類が展示してあり、これはこれで興味深いところ。
その奥が現代のコンビニにまつわる品々が並べられているスペース。
アメリカからやってきたコンビニエンスストアが、日本に根付き、独自の発展をとげているのがわかるような流れ。
ユニフォームやPOSレジ、レジ袋、店内什器など、普段見ているものもこのように並べられると本当に民藝品のように見えるから不思議。というか、そもそもの民藝のコンセプトと同じように、日常の業務を通して形のできあがった道具類に、洗練された機能的な美しさが備わってくるのは当然と言うべきかしら。

この日、2時からは今回の企画展の推進者であるICU准教授ギャビン・ホワイトロウ先生の講演。
ホワイトロウ氏はアメリカ、マサチューセッツ州出身で、元はソビエト学を専攻してモスクワにも留学していたけれど、ソビエト崩壊のあおりで文化人類学に転じたとのこと。
日本に来て山形県松山町で英語の先生をしていたときにコンビニと出会い、実際に働いたりしながら研究を進められたようです。

ご自身の体験を交え、ユーモアたっぷりに日本語で話してくれた内容は、とても示唆に富むものでした。
知識として知っているアメリカのコンビニの起源も、アメリカ人の先生から聞くとリアルに感じますし、昔の商店で使われていた道具などと、現在のコンビニに備えられているものの類似をトピックスとしてつなげる話の構成で、2階の展示の意味がよくわかりました。

ただ、「ノレン」のパートで、今もコンビニ店頭の横長のバナーがノレンと呼ばれているという展開になるのかと思っていたら、「のれん分け」というシステムの話になったところは、どうなのかな?と思いました。
今の日本のチェーン店で「のれん分け」といったら、ココイチや一部のラーメン屋のように、共同体的なつながりを一定期間継続したうえで行われる、多分に情緒的なものを含んだ仕組みを指すと思いますが、コンビニのフランチャイズシステムのようなビジネスライクな契約を「のれん分け」というのは、広義ではそうなのでしょうが、ちょっとしっくりきませんね。個人の感想ですが。

質疑応答ではファミレスとの比較をおっしゃった方がいらして、今柊二 「ファミリーレストラン 「外食」の近現代史」 (光文社新書)という本を先日読んだところだったので、なるほどこのアナロジーは面白いなと思いました。

「なんちゅうか」が口癖で、びっくりするくらい流暢な日本語を話されるホワイトロウ氏。著書の準備も進んでいるとのことで、今後のご活躍に期待したいです。


このようにコンビニをテーマにした展覧会というのもめったに開かれないでしょうから、興味のある方はぜひ行ってみることをお勧めいたします(無料ですし)。ローソンさんが協力しているようです。
スポンサーサイト
2012年前半の振り返り
久しぶりの更新です。
今更ですが、2012年のS/Sは、東京で大型SCのオープンが続いたので備忘録的に記しておこうと思います。


・東急プラザ 表参道原宿 2012年4月18日
・ダイバーシティ東京 プラザ(お台場)2012年4月19日
・渋谷ヒカリエ 2012年4月26日
・東京ソラマチ(押上) 2012年5月22日


また、今年は伊勢丹などのデパートでバーゲンの後ろ倒しが話題になりましたが、業態が違うとはいえ、ラフォーレ原宿は昔から遅かったことに言及している記事は皆無ですね(自分の知る限り)。
ポロロッカ
新聞でちょっと前にマルエツが「ポロロッカ」をすべて「マルエツ」に看板替えするというニュースを読んだ気がするのですが、今ネットで検索してもでてこないしマルエツのホームページにもでてこないので、自分の勘違いだったのかと悩んでいるこのごろです。会社のそばのポロロッカはまだ健在です。

「ポロロッカ」というのは大手スーパーで唯一コンビニを手がけなかったニチイ(マイカル)が90年代に開発した都心型小型食品スーパーです。小林敏峯社長の、これまでのように売り手(川上)の都合で店を作るのではなく、消費者(川下)のニーズや欲望が逆流してくるこれから時代にあわせた店をこれからは作らなければならないという思いのもとに展開したお店だったと思います(ちょっと記憶があいまいですが)。
まったくその理念は正しくて、今、テスコやイオン(まいばすけっと)が同様のお店を広げています。
この名前が消えていくのは(それが本当なら)残念ですが、倒産したマイカルにも認められるべき戦略があったということは覚えておきたいです。
郊外型大型モールもマイカル本牧が日本ではその嚆矢だと思いますし、その後続々できたマイカルタウンは結果こそ伴いませんでしたがIYやイオンより進んでいましたよね。シネコンだって海老根のワーナーマイカルが日本初ですが、今や映画館といえばシネコンという状況です。

今の流通・小売の状況をみて、マイカルが再評価されても良いのでは思ったりしますが、経営としてきちんと会社を成り立たせることができなかったのですからしょうがないですね。
倒産ラッシュに思う
ちょっと前に鞄メーカーの松崎の経営破たんのニュースがあり、続けて東京ブラウスも同様ということでちょっとしんみりしてしまいました。
両社とも私がかけだし社会人のころに関わったメーカーで、両社の商品をあわせたコーナーを担当していたのです。
特に東京ブラウスさんには接客の研修をしていただいて、けちょんけちょんにやられたものの、その時に講師の方に言っていただいた言葉がその後の仕事への原動力になったりして、思い出深いメーカーだったので本当に残念です。

また、オリゾンティの民事再生法申請のニュースも入ってきました。
90年代中ごろは人気インポートブランドをかかえて飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、自社ブランドを出した辺りから迷走しだした感じですね。千駄ヶ谷のオフィスにも何度か伺わせていただきました。

今はまったく異なる業界に身をおく私ですが、こういうニュースで昔を思い出すのも寂しいものです。

色々なニュース
久しぶりに書き込みます。

今週は流通関係のビッグ・ニュースが多かったのでメモを残しておきたかったので。

まず、有楽町西武閉店というのがショッキングでした。
マルイやマロニエゲートなどができて明らかにオーバーストアなあの界隈で、もっともあぶないのはプランタン銀座なのではないかと思っていたのですが、先に有楽町西武のほうがギブアップとなりました。
跡地がどうなるかが気になります。
ファーストファッションになるのか、反対側のそごう跡のように家電量販店になるのか…。

続いて、JR東日本が高級スーパーの紀ノ国屋を買収というニュース。
紀ノ国屋はインディーでやっていけるポジションにあると思っていたので意外でした。
JRの駅ビル・駅ナカのテナント強化にはもってこいの選択ですね。今後の展開が楽しみです。

そしてちょっとローカルな話題になりますが、池袋のメトロポリタンプラザがルミネになるとのこと。4月1日付けということですから、もうすぐですね。
評判の高いルミネ流のファッションテナント管理術でさらに魅力的な館になることが期待できます。
池袋には東京メトロのエソラもできたし、西口側が熱いです。しかし西武も大改装中ですのでどうなるのか楽しみです。
秋田のイオンモールで中三閉店

http://www.nakasan.co.jp/akita/

秋田市のイオンモール秋田内の「中三秋田店」が10月20日に閉店しました。

1997年にオープンしたときは、ジャスコとの2核モールとして注目を浴びましたが、結局10年ほどの営業で撤退を余儀なくされたということになりました。

先日、武蔵村山と名取の三越が閉店ということで大きく報道されました一方、こちらのニュースは全然目立たずさみしい限りです。

地方百貨店の生き残り策としてのSCへの出店は結局失敗、三越も失敗で、百貨店のサバイバル競争において、どういうアイディアが今後でてくるのでしょうか。

高島屋、H2Oリテイリングと経営統合へ

金曜の夕方に飛び込んできたビッグ・ニュース。高島屋は地方百貨店を束ねていくものの基本的には独立路線で他の連合軍と競っていくと思っていたので、阪急・阪神のエイチ・ツー・オーリテイリングと業務提携から経営統合へ向けての準備に入ったという動きはちょっとびっくりしました。

こうなると、業界再編が加速というシナリオをマスコミならずとも書きたくなってきますね。

都市型百貨店で残っているのは松屋だけということになってしまいましたので、松屋がどこにつくかというのがまず気になりますね。

それと経営統合したもののいまいちパッとせず、セブン&アイのお荷物になっているミレニアムリテイリングの今後の動きだとか、地方の有力百貨店がそれぞれどこについていくのかとか、気になります。

電鉄系の百貨店もカヤの外というわけではないでしょうし。

西友のリストラとイオンの新業態

先週の流通・小売関係のニュースで気になった2つ。

西友が20店舗を閉め、早期退職者を募るリストラを行うことが報じられました。

ウォルマートの資本が入り、これまでも随分リストラを進めてきていましたが、一方で、このお店はもう終わってるよな、と思わざるを得ないお店がまだまだ存在するのも事実。

やっとそういった店を閉める段取りができたのでしょうか。具体的な店名は発表されていませんが、水戸駅前のリビンなどは名前があがっており、地元でも波紋を呼んでいるようです。一度だけ行ったことがありますが、厳しそうなムードでした。

二つ目、イオンの小型ディスカウントスーパー「アコレ」が練馬区平和台にオープンいたしました(9月30日)。

一方でイオンは日本最大級のショッピングモール「イオンレイクタウン」を越谷にオープンさせていますが、いつかはこういった巨艦店舗の限界がくることを冷静に把握した上の布石でしょうか。

三越、不振店舗閉鎖へ

今週一番インパクトのあったニュースが、三越の4店舗閉鎖のニュースです。

池袋、武蔵村山、名取、鹿児島の4店舗を来年にクローズするとのこと。

名取と鹿児島は行ったことがありませんが、名取について考えてみれば、仙台駅前にパルコもオープンし、仙台店舗への資源集中が大事ということなのでしょうか。仙台店となりの1・4・1ビルにまで売場を広げるということですから、売れない店に足を引っ張られて共倒れになっては最悪ですもんね。

それにしても、名取も武蔵村山も判断が早かったです。つい先日も武蔵村山のイオンモールに行ったのですが、三越は閑散としていて、クローズは時間の問題と思わざるをえませんでした。もともと、地域のお客さんの求めていないお店を出してどうするのという感じでしたし、勇気ある決断といえましょう。

すると気になるのが抜けたあとはどうするのということです。あの立地であの面積をうめるとなると、ちょっと大変です。核テナントとして単一企業でまかなうなら、近所のヤマダ電機に移転してきてもらうということくらいしか思い浮かびません…。それか、もともと日産の工場なのですから日産のショールーム的な業態とかどうでしょう。

さて、武蔵村山よりもびっくりしたのは池袋のほうです。

エリア的に競合する西武、東武という巨大店舗とは別路線で、地元の中高年層の支持を受けていたと思っていたのですが残念です。

こちらは自社物件ということで、他の店の閉店処理にかかる費用をまかなうために売却せざるを得なかったということはないでしょうか?

西武、東武が売場面積競争で継ぎ足し継ぎ足ししてきて、やたら広く買いまわりしにくいお店になってしまっているのに対し、三越はフロアが真四角に近くて程よい面積だし、エスカレーターも真ん中にあって買いまわりしやすい構造です。

コンセプトをきちんとたてて客層をしぼりこみ、狙い通りの集客があれば、巨艦主義でないこれからの百貨店として結構面白い店ではないかと私は常々思っていましたが、そんな悠長なことはいってられないということですね。

こちらも後釜が気になりますが、すぐにヤマダ電機という報道がありました。

ビックカメラが分散している店舗を統合して入るのか、H&Mやユニクロといったアパレルが入るのか(となりがZARAですから相乗効果が期待できますよね)とか思っていたのですが、ついこの間すぐそばに大型店を出したヤマダがくるとは驚きました。しかも2店舗並存させるというのです。

駅から行くと手前のビックカメラからの50m位がどうしても遠くて、あまりうまくいっていないように私には思える現店舗ですので、三越跡に移転ということでしたらよく理解できるのですが、2店舗をあの至近距離でおくのはどうなんでしょうね。お客さんがそんな状態を望みますか? ビックカメラも池袋地区では各店舗でかぶりまくりですが、一応人の流れが違うところに分散されていてすみわけができてるといえなくはないですが、今のヤマダ電機の場所と三越跡で似たような大型店舗をだしてもしょうがないですよね。商品ゾーンを分けてもお客さんに不親切だし。

ただ、三越跡はこの間オープンした高崎駅前のお店のように食料品や書籍、中古ソフトまで含めた、それこそデパートのようなお店になるのでしょうね。それと外食は期待していいでしょうか。立地は抜群ですからゼットンあたりにまとめてプロデュースしてもらったら面白そうです。

今後の展開が気になるニュースでした。

ポイント、店舗大型化
(日経MJ2007/10/17の記事より)
カジュアルウェアの「グローバルワーク」「ローリーズファーム」などを展開するポイントは、主力ブランド店舗の大型化に取り組むそうです。

12月1日にららぽーとTOKYO?BAYにオープンさせるグローバルワークの大型店では、標準店にはない雑貨やよそ行きにも着られる服などを加え、標準店の3倍の約760平米の規模になるようです。

現在、郊外のショッピングモールなどで見られるグローバルワークの店舗でも十分に広いと私は思っていたのですが、その3倍の面積となるとどんな品揃えになるのか、ちょっと怖い気がします。
なんでもあるけど欲しくなるものが見つからない状態や、どこにでもあるような雑貨で場所を埋めている状態にならなければよいのですが。

また、ローリーズファームでも既存の2.5倍規模の大型店を検討中のようですが、ファッション性が薄まるのではないかと不安に感じます。

大型店と標準店をうまく住み分けさせて、ブランドイメージを損なわないような展開を期待したいです。
セブンイレブン、弁当ラップをテープに
(日経MJ2007/10/14の記事より)
セブンイレブンは、11月より弁当の包装をラップではなく、テープで止める方式にし、ごみの排出量を減らすとともに消費者の利便性向上を図るようです。

フタと容器のかみ合わせを工夫し、密閉性を保てるようになっているとのことで、見た目も良いようです。
これにより年間570トンのプラスチック原料を削減でき、数億円規模のコストダウンにもなるとのこと。

食品スーパーでは容器のかみあわせのみで密閉している惣菜などを買うことはよくありますが、流通経路も長いコンビニでラップなしだとちょっと不安な気もします。とはいえ、ごみが減るのは歓迎されるべきこと。
他のコンビニがどういう対応をとってくるのか楽しみです。
ミストカフェ茗荷谷店訪問
数ヶ月前、タクシーで茗荷谷を通ったときに、ミニストップが「ミストカフェ」になっているのに気がつきました。

「ミストカフェ」はカフェ+コンビニといった感じの業態で、去年の暮れに八重洲に店舗ができた時は話題になりましたが、その後まったく情報がありませんでした。
そんな中、唐突に見かけたこの店が気になっていたのですが、ようやく訪問することができました。

元の店舗の半分を半分強を客席、残りをゴンドラとカウンターにしたような配分でしょうか。
金曜日の午前8時に私が行ったとき、先客は中年のサラリーマン1人だけでしたが、私が座ってからは断続的にお客さんが入ってきました。

カウンターで注文できるのはドリンクとお得意のソフトクリームだけで、フード類はコンビニの商品となります。
カウンターがちょっと高めでドリンクを注文する分にはいいのですが、コンビニ商品を買う場合にはちょっと使いにくい感じです。

茗荷谷は住宅地としても人口が多いというイメージなのですが、営業時間は夜10時までで日曜祝日が休みですので、勤め人がターゲットということのようです。近所に学校が多いので、ひょっとしたら夕方はソフトクリームを食べにくる女子とかでにぎわうのでしょうか?

内装・テーブルはウッディ調で、サークルKサンクスのフォークトークや、スリーエフのグーツより、カフェっぽくて落ち着いた感じで好感がもてました。

ホームページにものってなくて、まったく宣伝活動のないミストカフェですが、今どこに何店舗あるのか気になります。イオン/ミニストップは今後どういう展開をさせていくのかウオッチしていきたいと思います。
エイチ・ツー・オーリテイリングの方針
(日経MJ2007/10/3の記事より)
阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合したエイチ・ツー・オーリテイリングは情報システムなど後方部門の統合を1年後の2008年10月までに完了させる計画とのこと。

10月1日に発足した同社は、ファッションに強い阪急、庶民派の阪神というカラーは維持したまま、後方部門の合理化で利益拡大を目指すようです。
商品・顧客情報システムは阪急のものに統一する一方、人事制度は統合しないようですが、たった1年でどこまで効果のある統合ができるのか注目したいです。

また、伊勢丹と提携関係にある阪急に、梅田への三越進出がどういう影響をおよぼすのか気になるところです。
ミスタードーナツ、小型店展開へ
(日経MJ2007/10/01の記事より)
ダスキンはメニューを絞った小型店「ミスタードーナツベーシック」を開発し、2007年度は4店舗を出店するそうです。初期投資・運営コストを抑え、出店が難しかった地方などにも進出するとのこと。

1号店は9月28日にオープンした鹿児島県指宿市の約50平米の店舗。通常の半分の広さで、投資額も売り上げ見込みも半分だそうです。
飲茶やマフィンなどは扱わず、飲み物も定番品に限定して効率化を図るようです。

記事では商圏の小さい地方都市や郊外SCへの出店を想定しているように書かれていますが、私はむしろ高効率化を図るなら都心にこそ小型店を多く出店してもらいたいと思います。
ミニストップの新発注システム
(日経MJ2007/9/26の記事より)
ミニストップは2008年秋より、順次新しい店舗発注システムを導入、5種類の立地別に売れ筋がわかるようにして必要発注量が自動表示する仕組みにより競争力を高めるとのこと。

立地は「住宅街」「オフィス街」「駅前」「道路沿い」「特殊立地」の5分類。最新の売れ筋がわかり発注を支援してくれるようです。
また、ミニストップの特徴は店内調理のFFですが、メニューの販売予定数量から原材料の発注数量に落とし込む仕組みも新システムに取り入れられ、廃棄ロスや不足により売り逃しを減らせるとのこと。
従業員の発注時間も大幅に削減できるようです。

このところ業績好調と聞くミニストップ、この新システムでさらに弾みをつけたいところですね。また、イオングループでありながらいまひとつぱっとしないところがありましたが、コンビニ再編の波がきたときには、主役となるのではないかという気がいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。